最近のトラックバック

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

5.X看護師証言

2013年5月 5日 (日)

14時の検温についてX看護師証言には矛盾が

 14時の検温についてX看護師証言には矛盾があります。

本当に日々ルーチンとして行っていれば間違えるはずはない事を、証人尋問で間違えてしまったのです。


X看護師陳述書
「新生児に関して当クリニックは母子同室の看護体制としております。
私は他の看護師・助産師と分担して
午前中に新生児のケアを行い、
午後には新生児の検温体温測定、体重測定、聴診、ビリルビン測定、児の体表観察、排便・排尿回数および嘔吐の有無の確認)を行います。」
と主張されていました。

その後、証人尋問で、14時の検温で行う内容について質問をされると、
陳述書に書かれていたことを訂正されました。

 長いので証言をまとめますと、
14時の検温で行う内容について、
「体重測定はしてません。ビリルビン測定も行っていません。」
そして
「心拍数を1分、呼吸数を1分測定をしている。」と言うのです。

 しかし、陳述書の文面を見ると「私は」とX看護師自らの業務手順と述べており、午前中は新生児のケアを行っているので、
検温は午後の14時のみ担当しているのです。

 この内容の通り検温を行っていたとは、到底考えられません。

午前と午後が混乱していたという言い訳も出来ません。
この訂正をしたことは、誰しも疑問を持つと思います。

 
出生直後聴診と同じように、温度板にもその記録はどこにもありません。

全員の赤ちゃんに検温が行われていれば、
14時から、赤ちゃんを連れ出せるので、相当の時間待つことになります。
気がつかない訳がありません。

温度板についての詳細はこちら→ (2)杜撰な温度板

にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ

2013年4月29日 (月)

X看護師は、被告医院勤務6年以上心雑音で異常を聴取していない

X看護師の尋問では、最後に裁判長から質問されました。
以下、 裁判長とX看護師とのやりとりを書き記します。

裁判長
「この病院で,本件で問題になっているころのことを聞くんですけれども,看護師が,新生児の心雑音を聴診するという機会,それはどういう機会にやることになりますか。」

X看護師
   「機会ですか
。」

「機会というのは,どういうチャンス,要するに,先ほどは出生直後のことをお聞きしましたけれども,その後,継続して入院している間,聴診器を当てて聴診をするのはどういうときにやるんですか,という質問です。」


   「検温のときです。」

「それは毎日ですか。」

   「はい。」

「そこで心雑音を聴取したとすると,その後,看護師はどういう措置を取るんですか。」

 「記録をして医師に報告をします。」

「あなたの当時の御軽験を聞きたいんだけれども,実際に心雑音が聴取できて医師に報告するというようなことというのは,どのくらいの頻度であるんですか。」

   「そんなに頻度はないと思いますけど。」

「例えば,週に何回とか,月に何回とか,そういうような大ざっぱな数値を言えますか。」

  「大ざっぱな数宇は,分かりません。」

「あなたは,心雑音を聞いて,どういう異常があるかというところまでの判断はできないですか。」

  「病名までは分かりません。」

医師に心雑音があるということを告げて,その後,医師の診察の結果,何か重い病気が分かって,別の楷置を取ったというような経験もありますか。

  「そうですね。何か異常があるということで医師に伝えて,そこから搬送したというケースもあります。」

あなたの御経験でもありますか。

  「はい。」

それは,あなたが心雑音を聞き取って,医師に伝えたというケースですか。

  「赤ちゃんの様子がおかしくて」

それは,聴診ではなくて様子の話ですか。


  「はい」

にほんブログ村 病気ブログ 医療事故・医療訴訟へ